印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

heatstroke.jpg

スライドショーの利用方法について

①スライドの進め方
右図の○印(赤色)を付けた箇所をクリックしてください。

②グラフや表の保存方法
保存したい画像の上で右クリックし,[名前を付けて画像を保存]または[名前を付けて背景を保存]を選択してください。


guide_slide.png

Doticon_blk_Pen.png学校管理下の熱中症事故事例一覧


=以下の,スライドショーの画像(グラフや表)を保存する方法=
保存したい画像の上で右クリックし,[名前を付けて画像を保存]または[名前を付けて背景を保存]を選択してください。

Doticon_blk_Pen.gif学校管理下の熱中症事故に関する部活動別の死亡率[1991-2010年度]

▼中学校・高校における部活動時の熱中症による死亡率[1991-2010年度]▲ 中学校・高校の主要部活動のなかでは,柔道の死亡率が高いことがわかります。柔道の次は,剣道,野球と続きます。なお,ラグビーの死亡率も高いのですが,中学校にはラグビー部がほとんどないため,この図には含まれていません。高校のみについては,別のスライドをご参照ください。▼中学校・高校における部活動時の熱中症による死亡率の数値と算出根拠[1991-2010年度]▲ 前のスライドで示した棒グラフの,具体的な数値とその算出根拠です。▼中学校における部活動時の熱中症による死亡率[1991-2010年度]▲ 中学校のみについてみてみると,柔道が突出して高く,剣道と野球が同程度の高さで続いています。ただし,死亡の実数が最大で4人(野球)であるため,死亡率とその順位が1人の増減によって大きく変わってしまいます。したがって,中学校の死亡率については,一つの参考資料と理解してください。▼中学校における部活動時の熱中症による死亡率の数値と算出根拠[1991-2010年度]▲ 前のスライドで示した棒グラフの,具体的な数値とその算出根拠です。表をみてわかるように,死亡の実数は最大で4人(野球)です。このため,死亡率とその順位が1人の増減によって大きく変わってしまいます。中学校の死亡率については,一つの参考資料と理解してください。▼高校における部活動時の熱中症による死亡率[1991-2010年度]▲ 高校のみについてみてみると,ラグビーと柔道が突出して高く,剣道と野球がそれに続いています。▼高校における部活動時の熱中症による死亡率の数値と算出根拠[1991-2010年度]▲ 前のスライドで示した棒グラフの,具体的な数値とその算出根拠です。


Doticon_blk_Pen.gif学校管理下の熱中症による死亡事故件数の推移[1960-2010年度]

▼学校管理下の熱中症による死亡事故件数の推移[1960-2010年度]▲ 1960年度以降に学校管理下(主に小学校~高校の,部活動や授業時における事故)で発生した熱中症による死亡事故の,年度別件数です。年度別のばらつきが大きいものの,1980年代に死亡事故が比較的多く発生していることがわかります。▼学校管理下の熱中症による死亡事故件数の推移[1960-2010年度]▲ 前のスライドのもととなる数値です。なお,この数値は,公益財団法人日本体育協会の「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」(2006年)に記載されている数値に,近年のデータを追加したものです。(ガイドブックは,同協会のウェブサイトを参照。)


スポーツ事故―全体

死亡事故事例一覧LinkIcon
熱中症LinkIcon
突然死LinkIcon

スポーツ事故―競技別

柔道事故LinkIcon
ラグビー事故LinkIcon
剣道事故LinkIcon
水泳事故LinkIcon
競技別死亡・負傷率LinkIcon

施設・設備事故

交通事故

対自動車事故LinkIcon

自殺

自殺の統計LinkIcon