印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

設立趣旨 Mission


 学校リスク研究所(RIRIS: Research Institute for Risk In School)は,学校リスクに関する情報を提供するサイトです。 

*「学校リスク」とは,「学校管理下において子どもが遭遇する事故や事件の総称」をいいます。
*「学校管理下」には,子どもたちが学校に居る時間だけでなく,登下校の時間も含まれています。

 これまで「学校安全」の取り組みや研究において,学校における事故・事件をその具体的な発生件数や発生確率にまで迫って分析しようという試みは,まったくといっていいほどなされてきませんでした。むしろ,一つの目立つ事故・事件に対して,私たちは衝動的に反応し,対策を講じてきたのです。
 そして,そこにはしばしば多額の資源(ヒト・モノ・カネ)が投じられてきました。そうした資源配分は,はたして安全確保に効果的につながっていくのでしょうか。学校管理下において子どもたちが出遭うリスクは無限にあります。いっぽうそれを低減させるための資源には限りがあります。危険は無限,資源は有限という条件のなかで,私たちに求められているのは,「不安」ベースではなく「実証」ベースで学校リスクにアプローチし,実態にもどづいたリスク低減策を創造することです。この方法こそが,より確かに,より効率的に子どもの命を守っていくことができるはずだと,私たちは信じています。

学校リスク研究所 管理者  
内田 良(名古屋大学大学院・准教授)





icon_rd_01.png

沿革 History

2008年6月20日

「学校リスク研究所」を試験的に公開。コンテンツは主として,「転落事故」と「研究業績」。

2008年7月1日 「学校リスク研究所」を正式に開設。
2009年6月7日

デザインの全面リニューアル。

2009年9月19日 「柔道事故」のページを新規に公開。
2012年9月12日 デザインの全面リニューアル。「ラグビー事故」「熱中症」のページを新規に公開。

学校リスク研究所の概略

管理者に関する情報